はじめてのクルマ。

IMG_0618.jpg

懐かしい写真が出てきた。はじめてのクルマ。なんとフェンダーミラー。
この後すぐドアミラーに替え、パテ埋めしてフェンダーを塗装してもらった。
丁度ドアミラーが認可される直前のタイミングだった。
FF、重ステ、タイヤはミシュラン、パワーウインドウ無し、色はオプションのツートンカラー。
当時ブームだった軽快な2BOXたちとはややズレた大きめな排気量1,800cc。
グレードネームは不釣り合いな「GT-ES」。
キャッチコピーは「走りに徹したスーパースポーツ」。
超不人気車だったので、古い友人以外で
このクルマの名前を言い当てられる人物はまずいないと思われる。
私自身も、同じ車種で同じ色のクルマを見たのは生涯で3回ほど。恐らく3回とも同じクルマだ。
まさに幻のクルマ(笑)名古屋栄日産ギャラリーで一目惚れした私って、いったい…。
ただ、このクルマが一番かっこ良く見えるのは、
真上から見た姿だというのを知っているのは私だけ。
買い替え時に「ドナドナ」よろしく、
ディーラーさんに引かれていく彼の後ろ姿を見送りながら泣いた…。

3.11の記憶

土曜日シネコンで映画を観たとき、こちらの作品が静かなものだったこともあって、
隣のスクリーンの重低音が頻繁に身体に伝わった。
上映前の予告編や注意喚起の映像が流れている間、やや気分が悪くなった。
作品を観ずに退席することも覚悟した。意識下に今日という日があったからだと思う。
本編の上映がはじまり序々に落ち着いて、やがて作品に集中し、足元に伝わる重低音のことは忘れた。

忘れたと思っていても身体が覚えている。実際には経験してはいないのにだ。
これからは、忘れることと忘れないこととのバランスを取りながら生きていこうと思う。

今日、メディアに頻繁に現れる人々と私の差は、
たまたまその時住んでいた場所が異なっていただけなのだ。
だだそれだけ。真反対の立場でも何ら不思議ではないという事実をしっかりと受け止めながら…。