週末、酷暑。

140726_01

クルマも日陰を選んで走ってる?

水足し、水足し。

140725_01

この時期水がグングン蒸発します。
お昼頃、水に指を入れると
そこにあるのはすでに水ではなくお湯。
メダカたちが茹で上がってしまうのではないかと
心配になる日々が続きます。

白いの発見!

140722_01

第三世代たちが随分大きくなりました。
その中にひときわ白い子が…。
ウチのメダカは全てヒメダカという
ややオレンジ色のごく一般的な種類ですが、
白い個体数匹がはっきりと区別できるようになりました。

シロメダカと呼んでもいいものなのか、
とりあえず装いは夏らしく涼しげです。

そろそろ慣れても良さそうな。

140718_01

ついこの間まで肌寒ささえ感じたこの時間のこの場所にも、
いよいよ熱帯夜というものがやってまいりました。
毎年毎年同じように夏が来るのは分かっているのに、
毎回毎回なんで“暑いなぁ~”って
愚痴ってしまうんでしょうかねぇ。
“心頭滅却すれば火もまた涼し”、
まだまだ修行が足りない証でしょうか。

また空が狭くなる (´Д` )

140716_01

猛暑の中、建築作業は進む。ご苦労様です。マンションだろうか? 高さはどれくらい?

このバルコニーに最初に立った時は、ナゴヤドーム、東山スカイタワー、布池教会、東山給水塔等々、イラストマップを眺めるが如く名古屋市のランドマークを望むことができました。空は開け、そんな眺望の良さもこの場所を選んだ理由のひとつでした。

それから時は流れ、今ではその全てが見えなくなってしまいました。最上階とはいえ所詮地上10階。次々に建設される後発の建物は見上げるものばかりです。

それでもまだまだ見上げれば空は…、ある(苦)。

知ったからといってどうなるものでもありませんが、新しい建物の高さだけでも確認しておきましょうかねぇ (^^;;

避難指示解除で元の場所に。

140711_01

台風8号を室内でやり過ごした彼らは、
無事元の場所に戻りました。
この機会に水鉢の中をじっくり観察してみたら、
ひとつの水鉢にボウフラの抜け殻を多数発見 (>_<)

メダカは本来水鉢にわくボウフラ対策のために
数匹入れておくことがあるそうだけど、
その問題の鉢には現在稚魚しか入っておらず、
彼らは小さ過ぎてまだボウフラを食べられません。

悲しいかな、本来の役割を果たせず、
結果メダカと一緒にボウフラも飼っていたって訳です。

室内退避。

140710_01

台風「ノグリー」をやり過ごします(^^;;

三世帯(世代)住宅。

140702_01

左・第三世代数不明、中・第二世代22匹、
右・第三世代選抜組11匹、三室に別れて絶賛成長(活動)中。
睡蓮も成長のバラツキはあるものの、それぞれ絶賛成長中。
一番左の鉢はやや成長し過ぎかもしれませんが…。
種類によって葉の色に明確な差があるのが面白いですね。
あ、と、は、花よ、花、花…。