iMacにデジタル入力端子がないっ!

昨年末に新規参入し、そろそろ落ち着いてきたiMac。 とはいえ、しばらく作業の中心はベテランのMacProということになりそうなので、MacProが仕事中はデジタルラジオの録音という仕事をしてもらおうと思い、モニター裏の端子を確認したところ…。
ない、デジタル入力端子がない。出力側はアナログ・デジタル兼用の端子があるのだが、入力端子がないっ。
調べてみたところ、数年前まではiMacにもデジタル入力端子が存在していたようだ。最新のMacProにも無くなっているようなので、音質に難のある光デジタルケーブルはもうすでに時代遅れのツールなのだろう。
ちなみに、この時初めてSDカードのスロットが付いていることに気がついたというほど、iMacの細かい仕様に関心がなかった。
ということで、ネットを彷徨い彷徨いこの『AREA 響音DIGI Plus SD-U1SOUND-T5』にたどり着いた。 スペック上の対応OSはWindowsのみ、しかも8.1には不対応とのこと。ただamazonのレビューの中に「ドライバ無しでもMacで使えた」との投稿だけを頼りに購入してみた。
恐る恐るセッティング。
デジタルラジオ装置を光ケーブルで接続し、サウンド編集ソフト「Sound it! 7」でいざ録音。レベルインジケーターの動きが規則的過ぎる。停止、再生、出てくるのはノイズのみ…、だめか。
本機の電源LEDは点滅を続けている。 何が悪いのか…、諦めて配線を外し、本機は箱の中へ。 このままお蔵入りか。

しばし他ごとをした後、ダメ元でビットレートの設定を変えてもう一回トライ。MacProで使っている古い「Sound it! 5」のビットレートと設定を合わせてみたところ、レベルインジケーターが不規則は動きに。しかも電源LEDは点灯したまま落ち着いている。録音成功! この方法が正解だったかどうかは定かではないが、とりあえず本機が無駄にならず使えるようになった。
めでたしめでたし。

うそ鳥をいただきに上野天満宮へ!

私が勝手に呼んでいる“道真くん”こと「天神みくじ」さんたちに会いにきた。今年も受験生たちの願いを叶えるために、満面の笑みをたたえながら境内のいたるところに行儀よく並んでいる。

_DSC4625_DSC4635_DSC4634_DSC4623_DSC4633_DSC4631_DSC4621

IMG_3791

今日の本当の目的は、「うそ替え神事」の「うそ鳥」をいただくこと。そのチャンスは、1年のうちで1月15日と、この25日の2日間しかない。15日を逃していたので、今日がラストチャンス。
前年のものを神社へ返納し、新しいものと取り替えることで一年の吉運を招くと言われる木彫りの「うそ鳥」。私も前年のものを持参したのだが、返納する場所が見当たらなかった。
ここ最近有害物質の発生などの問題で、神社仏閣ではお炊き上げなどができにくくなっていると聞く。神事も時代とともに変化せざるを得ないのだろうか。