リニューアル後はじめての訪問。

スライドショーには JavaScript が必要です。

岐阜県美術館。リニューアルされた日を調べてみると2012年1月11日。そんなに経っていたんですね。
展示スペースや所蔵スペースが広くなったらしいんですが、建物そのものの印象に変化はありませんでした。
〜タグチヒロシ・アートコレクション パラダイムシフト〜『てくてく現代美術世界一周』。
今回の展示は撮影可能なものが多く作品の前で記念撮影をする人もいたりして、
作品を身近には感じられるものの、現代アートの場合元々が身近な素材や題材を用いた作品が多いだけに、
作品らしさを失ってしまいそうで、それが良いことなのかどうかちょっと複雑な思い。
 

定員いっぱいにて。

IMG_3948

ここのところの暖かさで温帯睡蓮の新芽が密度を増し、
メダカたちも盛んにエサを食べるようになりました。
ただ、只今3部屋(鉢)それぞれ定員いっぱいにて、
新しい命を増やすことは難しいかも。
可愛い子供たちを見守ることが出来ないのは寂しいですねぇ。

雨の智積院。

スライドショーには JavaScript が必要です。

枯山水の庭に本物の雨がつくる波紋が。
写真はないが、田渕俊夫氏による襖絵が観たくて再訪した。
雨が吹き込む縁に佇むと、古来寺社の建物は
外界との隔たりが極めて少ないと実感させられます。
雨風、寒暖、諸々あるがままに受け入れていたのでしょう。

梅の背後に星梅鉢。

スライドショーには JavaScript が必要です。

梅を求めて北野天満宮へ。
雅楽が響く境内では結婚式も行われており、
曇天の中、しっとりした雰囲気の紅梅白梅が
新郎新婦を祝福しているかのようでした。

桜の前の醍醐寺。

スライドショーには JavaScript が必要です。

春まだ浅い醍醐寺は人影も少なく、鳥の声と水音のみの静かな佇まい。
昨年は桜の盛りの訪れたので、今回は全く違った表情だった。
以前から興味のあった「上醍醐」という地域へ入るには
登山に臨むほどの覚悟がいるらしく、今回も断念した。

意外な発見が多い平安神宮。

スライドショーには JavaScript が必要です。

訪れるのは小学校の修学旅行以来。
本殿を取り巻く、南神苑・西神苑・中神苑・東神苑と呼ばれる庭園。
その存在の記憶すらない。その片隅に
日本初の路面電車がそっと展示されていた。

貴重な陽光に演出された南禅寺。

スライドショーには JavaScript が必要です。

時々雲間からさす光が
鐘楼や煉瓦造りの水道橋にあたり
その印象を際立たせてくれた。

桜や紅葉がなくても魅力的な法然院。

スライドショーには JavaScript が必要です。

シンボルの山門をはじめ、池の中のオブジェ、
アートの展示、水場の粋な細工などなど
京都の中でも外せない最も好きな場所。
こちらでも、畏怖の念を与えられるほどの
佇まいの木々や苔に毎回圧倒される。

シーズンオフ? 静かな哲学の道。

スライドショーには JavaScript が必要です。

夥しい数の桜の蕾。
満開になる頃には、人出も満開だろう。
静かな雰囲気の方が哲学の道らしいのかも。
そういえば、馴染みになった猫たちに
今回は出会えなかったなぁ。

雨上がりの銀閣寺(東山慈照寺)。

スライドショーには JavaScript が必要です。

狐の嫁入り。
陽が照っては急に雨がパラつくような気まぐれな天気。
賑やかな修学旅行生をやり過ごしながら境内を散策した。
日差しの届かない場所に光る苔が美しい。
白砂を盛り上げた向月台も、いつもより重い色合いだった。
春まだ遠く、冬の風情が色濃い銀閣寺でした。