SoulDyna、あっという間の3時間半。

スライドショーには JavaScript が必要です。

「FUNNY HESRTS」「B☆BROS」「HEART&SOUL」3バンドの競演。
オールディーズカラーのオーディエンスのダンスもステージの一部になる。
 
それにしても演奏はもちろん、会場の音響が素晴らしく、
あっという間の3時間半、ほんとうに気持ち良かった〜。
 

はじめて降りた、美浜緑苑駅。

スライドショーには JavaScript が必要です。

名鉄知多新線「美浜緑苑駅」から杉本美術館へ。
ここの休憩室から眺める風景が秀逸。
昔から好きではなかった真っ赤っかな名鉄電車が、
この風景の中では重要な役割を果たす。
「ああ、この風景のためにこの電車は真っ赤なんだ」
と本気で思ってしまうほど緑の森と海の間を通り過ぎる
このやや野放図な真っ赤っかが印象的。
 
行きも帰りも利用した名鉄電車は空いていて、
思惑どおり特急自由席であっても楽々着席できた。
途中昼食をとりに出た幹線道路は大混雑。
大型連休中はクルマに乗らない、これは確かなようだ。
 

文字通り、瀬戸「窯垣の小径」。

スライドショーには JavaScript が必要です。

文字通り小径なので公道と私道の判別がし辛く、
ぼやっとしていると沿道のお宅の庭や、
作業場の敷地内へ入っていってしまう。
 
ウェブサイトの地図上では道があるようなのだが、
行き止まり(恐らく私有地)になって
毎回どうしても通り抜けられない道がある。
今度こそは地元の方に尋ねてみねば。
 

ちょっと早かった、矢勝川。

スライドショーには JavaScript が必要です。

昨年初めて彼岸花の群生を見にここへ来た時は、
色褪せた花が所々に見られやや遅きに失した感が…。
その反省のもと今年は早めに訪れたところ、
逆に蕾の状態の花が多くちょっと早過ぎたようだ。
 
一方、半田のランドマーク「運河と蔵」がある界隈は
近々オープンする博物館を中心に街の整備がすすんでいて、
残念ながらお目当の土壁の建物等はなくなっていた。
昨年修復工事中だった「半田赤レンガ建物」は工事完了し、
カフェや常設展示場、お土産物のショップなどなどが充実。
 
運河の周辺は美しく整理され、広い駐車場ができ、
古い建物や街並みはピッカピカに整備されようとしている。
その反面、この街が持っていた本来の魅力を失っていくように感じる。
 
こうなれば、どこか魅力的なところを自力で見つけねばなるまい。
 
ちなみに、観光案内所とした観光客で賑わっていた
「小栗家住宅(国登録有形文化財)」も非公開になって
気づかずに通り過ぎてしまいそうなほどひっそりとしていた(寂)。
昨年は建物の内外に賑やかなPOPなどがあり、
手作り感たっぷりでいい雰囲気を漂わせていたのに残念。
 
帰路に利用したJR半田駅は相変わらずこじんまりしていて、
その素朴な駅舎と古びた陸橋や階段にホッとさせられた。
(ここは早めに整備された方がいいのか…。)
 

やっぱり自力で登ろう、養老の滝。

スライドショーには JavaScript が必要です。

山道を歩くのを避け「養老の滝駐車場」まで車で登ってみた。
すれ違い困難な九十九折の林道をハラハラしながら登っていく。
実際すれ違いが出来ず、何度か対向車に下がってもらった。
 
登りきった先にドライブインも併設された立派な駐車場があり、
この場所は滝よりも上にあるので、そこまでは石段を下って行くことになる。
あまりにも短時間で目的地に到達できてしまうので、やや拍子抜け。
 
山奥の滝へ臨む実感をより享受するためには麓の駐車場に車を置き、
足腰の丈夫な人なら小一時間かけて自分の足で登るほうがよいと思う。
汗を拭き拭き滝を目前にしたときの感慨と有り難みが全く違う。
 
先日長命寺を訪れた時も同様、歴史を刻んだ古刹や霊場は教えてくれている。
人生と同じく、便利で手軽な近道は思いもよらぬ危険を伴い、
その価値を軽減してしまう可能性もあり、安易に選ぶべきではないのかも。
 

クセになる、養老天命反転地。

スライドショーには JavaScript が必要です。

2回目の訪問。相変わらず危ない。
小さな子供連れの家族をみると毎回ハラハラする。
 
ただ、貸し出されているヘルメットを被せて
子供たちをここで自由に遊ばせることは
危険の範疇を身を以て学ぶ絶好の場所かもしれない。
 
ただ一つの斜面をとってみても、それは均一の傾斜を持たない。
自分の体重と靴底の形状、斜面の形状と角度。
徐々に深くなる斜面の角度のどの辺りに抵抗力の限界があるのか、
なだらかに変化する斜面に対して目視では判断がし辛い。
限界を越えれば落下。体験こそが全て、これは大人でも同じ。
危ないと分かっていても、ついついもう少し先まで行ってみたくなる。
 
今時の厳しい環境安全基準において
人口の構造物の中でこれほど危険な場所はないだろう。
地方公共団体がこの施設を存続させ、
維持・運営を担っていることに
驚きを感じ、敬意を表しざるおえない。
 
施設内は老朽化が進み、所々補修工事が進行中だった。
今後も様々な困難を乗り越え、
この貴重な施設を守っていただきたいと思う。
 

台風18号接近のため緊急退避。

IMG_4438

小さめの台風だからと侮ることなかれ、
海から直接上陸するパターンは危ない。
しばらくはまた室内退避命令。

限定商品にまんまとはまる消費者代表。

スライドショーには JavaScript が必要です。

3ヶ月くらい前、一目惚れの勢いで予約。
予約していたことすら忘れてしまったころ届いた
『PS4 METAL GEAR SOLID V LIMITED PACK TPP EDITION』
時が経ち、あのころの恋心には若干の陰りが否めない。
 
人気ゲームシリーズ「メタルギアソッド」の
最新作発売に合わせたスペシャルバージョン。
ゲームに纏わるカラーリングやワンポイントが施されている。
特典もたっぷりバンドル。
 
PS3までは無料だったオンラインプレイがPS4からは有料になる。
それなりのサービスは豊富に用意されているが
現在(2015/9/3 23:20)このゲームのオンラインは
メンテナンス中で繋がらない。やれやれ、これは予定調和か?
 

久々の savi no niwa さん。

スライドショーには JavaScript が必要です。

この日しかない。
 
秋雨前線が北上したり南下したりする隙を縫って
およそ10ヶ月ぶりの訪問。
先日まで行われていた企画展には間に合わず
少し残念な思いをしていたが、
台風の爪痕をやや残した田園風景の中、
そこはいつものように素敵な雰囲気を取り戻していた。
 
 

名は体を表す長命寺。

スライドショーには JavaScript が必要です。

808もの長い石段を登った先にある長命寺。
山麓は何度も通ったことがあり、
ずっと気になっていた。
地図で山上にも駐車場があることを知り、
細い山道を恐る恐る車で登ってみた。
 
聖徳太子も訪れたとされる西国三十一番札所の霊場は
琵琶湖(?)を見下ろす絶好のロケーションの中に
静かに佇んでいた。
 
ご利益は名の通り長寿、しっかりとお願いしてきた。