映画『悪徳の栄え』観た。

原作がマルキ・ド・サドの作品ということで、
やや身構えて挑んだが、
そこにあるのは狂気を孕んだ戦争という現実だった。
ヒトラーの『我が闘争』が再発されるとのこと。
後世に残すのは、このカトリーヌ・ドヌーヴの
美しさだけにしていただきたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です