おじさんに可愛い小物達、似合わないことはない。

スライドショーには JavaScript が必要です。

お友達が講師を務めるワークショップに参加するため
名古屋市星ヶ丘の「えいこーんず」さんへ。
 
ワークショップの内容はお店のキャラクター「くま吉」を
羊毛フェルトニーディングで作るというもの。
熊本地震被災者支援チャリティワークショップなのだそうだ。
 
初めて目にするニードルの先が鋭く、
流血に至らないまでも度々指先をかすめる。
 
可愛い小物が並ぶ店内で違和感たっぷりのおじさんが、
ワークショップが終了するころには
そんなことも全く気にぜず作業に熱中していたのでした。
 

 

松平郷の紫陽花、静かな名所。

スライドショーには JavaScript が必要です。

ここ豊田市にある松平郷は紫陽花と花菖蒲の名所。
だが、大勢の人で賑わう他の名所よりかなり静か。
しっとりとした山里にしっとりとした紫陽花、
そのバランスを崩さないほどよい見物客。
見る者にとっては理想的だ。
 
対照的に週末の豊田市美術館は賑やかだった。
「デトロイト美術館展」
ピカソ・ゴッホ・ゴーギャン・モネ・
ルノワール・マティスなどなど…、混雑も頷ける。
撮影が許されている稀有な展覧会だったが、
平日のみのようで、週末は混雑のせいか撮影は不可。
年間パスポートを購入してきたので、
もう一度平日に訪れてみようか。
ちなみに、ピカソはSNS掲載不可だそうだ。
 

梅雨を振り払う、筒井町出来町天王祭。

スライドショーには JavaScript が必要です。

平年よりやや早い梅雨入りが発表され、
予報どおり朝からあいにくの雨模様で
筒井町出来町の山車5両が揃う「徳川園山車揃え」が中止になった。
意気消沈していたところ、午後からは一転の晴天。
夕方からのんびりと「天王祭」へ。
 
筒井町・出来町それぞれで行われる天王祭。
それぞれの地区、それぞれの山車が
それぞれの誇りと願いを纏い街を練り歩く。
山車が顔を合わせる場面では、その微妙な緊張感が垣間見える。
 
市街地のアスファルトと鉄で補強された車輪が、
火花を上げるがごとくにせめぎ合い
巨大な山車は男たちの人力のみで強引に回転させられる。
 
中止になってしまった「徳川園山車揃え」とは、
この両地区天王祭の山車5両が祭りの最中、
各地区から徳川園に集合しお披露目される催しだ。
やはり、整然としたこの催しとは違った迫力が本祭にはあった。
「男(女性も参加されている)は祭りぜよ!」
 
名古屋市東区民になって初めて訪れた天王祭。
旧地元にも「針名神社天王祭」というお祭りがあったが、
そちらには一度も行ったことがなかった不躾。