「京都国際写真祭 2017」京都へ。

スライドショーには JavaScript が必要です。

桜の時期からは少しずれているので楽観していたのだが、
そこは京都。嵐山へ向かうJRはすし詰め状態。
前回訪れた不可思議な場所には目もくれず、目的の祇王寺へ。

雨上がりの苔庭は、桜の花びらで期間限定の素敵な装飾が施されていた。
苔を十分堪能した後、前回訪問が叶わなかった直指庵へ向かう。
少々距離があったが、道中美しい八重桜に出会えたりして、
こんな些細な驚きが嬉しかったりする。直指庵から大覚寺へ戻り、
いよいよ「KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭 2017」へ。

京都文化博物館、誉田屋源兵衛 黒蔵、誉田屋源兵衛 竹院の間、
各会場を巡った。ちなみに誉田屋源兵衛 竹院の間での
「ロバート メイプルソープ写真展」は入場無料だった。

写真祭のメイン会場である二条城 二の丸御殿台所・東南隅櫓へは
二条城の入場受付が16:00締め切りのため叶わず
(ライトアップ入場は18:00からで総員入れ替え制)、
ギャラリー幹さんに伺ってしばしお話をして初日を終えた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です