『SUZUKA Race of Asia 2017』日曜日2日目。

スライドショーには JavaScript が必要です。

天気予報は雨。ただここまで本降りになるとは思わなかった。
クルマが巻き上げるウォータースクリーンを生で見られて
それはそれでラッキーだったのかもしれない。

降り出した雨のため行動範囲が限られてしまったので、
屋根のある場所を転々としながらカメラを構える。
ホスピタリティテラスと2コーナーのみの日曜日。
というわけで、せっかくの「激感エリア」へはこの日は行かずじまい。

『SUZUKA Race of Asia 2017』土曜日1日目。

スライドショーには JavaScript が必要です。

天気予報は曇り。の予想に反して晴れ間が多く、
手に入れたチケットにパドックパスが付いていたので、
コースを間近で観ることができる「激感エリア」
という場所に、いの一番で足を踏み入れた。

他のレースよりカメラを構える人が少なく、
ゆる〜い空気が漂い、ややほのぼのとした感じで
コンデジの私も違和感なく溶け込めたのでした。

リトルワールドでウズベキスタン国立サーカス。

スライドショーには JavaScript が必要です。

前出のP900を使って動くものを捉える練習のために、
野外ホールで開催されているウズベキスタン国立サーカスの公演へ。

35㎜換算で800㎜以上になると不規則な動きを追いかけ
合焦させてさらにシャッターを切るのはかなり大変。
大半の獲物は合焦している間に逃げられてしまう。

このカメラを自由自在に使いこなすためには、
鋭意練習をし続けなければなるまい。

梅雨の晴れ間で賑わうリトルワールド園内の其処此処で
夏休み前だからか、ちょっとずつリフォームが進んでいた。

鈴鹿サーキット『SUZUKA“S耐”サバイバル』決勝

スライドショーには JavaScript が必要です。

日曜日は朝から明るめの曇り空。
いっとき雨の降り出しそうな雰囲気も漂ったが、
午後には晴れ間も見えるほどに回復した。

今回も近鉄平田町駅から歩いて歩いて
5月の運動不足をいっぺんに解消した、‥‥か?

鈴鹿サーキット『SUZUKA“S耐”サバイバル』予選

スライドショーには JavaScript が必要です。

梅雨入り直後、あにはからんや快晴の土曜日。
今回も私は一眼ではなくコンデジのニコンP900を携え、
並み居る高価な一脚バズーカ砲レンズの合間を
邪魔にならぬようにウロウロするのだった。

「素早く動く被写体に瞬時にピントを合わせ、
かつピントを合わせたままその被写体を正確に追う」
などという素敵な機能は当然備えていないし、
連写速度もレーシングカーを相手にするほど速くはない。
また連写の後はしばらくブラックアウトしてしまうため、
集団がもう一周サーキットを周って帰ってくるまで
何もすることがなくなってしまうので、なおさら使用は難しい。
注)このカメラは恐ろしく遠くにある動かないものは大得意!

こまめに置きピンをして、一枚一枚根気よくクルマを捕まえる。
強い日差しと戦いながら挑むその健気な姿や成果の少なさは、
子供の頃にした夏休みの昆虫採集に似ているのかもしれない。

ただ、物事困難であれば困難なほど面白いもので、
なんでも便利になってしまった昨今、
思い通りにならないことに立ち向かうのも貴重な時間かも。

‥‥これを人は、やせ我慢や負け惜しみと呼ぶ。

筒井町・出来町天王祭から翌日の徳川園山車揃え。

スライドショーには JavaScript が必要です。

好天の土曜日、昼の部と夜の部と時間を空けて天王祭へ。
昼の部はカラッとした風が吹く晴天に恵まれた反面、
夜の部になり提灯に灯が入る頃には肌寒さを感じるほど。

翌日の日曜日には徳川園で行われる両町の山車揃えへ。
この日も天気が良く、大いに賑わっていた。
人の流れに乗って、遠巻きに山車の周りをくるくる回る1時間。
奮闘する梶方の人たちの動きがほとんど見られない。

来年はもう少し早く言って前の方に陣取ってみようか。