佐久島は立派な離島であった。

スライドショーには JavaScript が必要です。

初めての佐久島。
夕方から一色近辺をぶらぶらしたかったため、
あえてクルマではなく公共交通機関を利用することに。

乗船場がある一色さかな広場行きの名鉄東部交通バスが
途中「三河一色駅跡」というバス停を通った。
珍しい停留所名。廃線後の駅跡のようだ。
この辺りにはかつて半円を描くような急カーブの
特異な路線(三河線海線らしい)があった記憶があるが、
この三河一色駅がその路線の駅だったようだ。

佐久島渡船で島の東港へ向かう。
屋上デッキで猛烈な潮風を真正面から受け止めながら
20分ほどの短いながらも濃密な船旅を楽しむ。
前方には知多半島先端のチッタナポリや
日間賀島がほぼ等距離に見える。

佐久島は言わずと知れた屋外アートが点在するアートの島。
オフシーズンとはいえ予想どおり人気のスポットには
撮影のための順番待ちができている。

期待していた猫たちにはあまり出会わなかった。
見かけたのは公衆トイレの前にいた一匹だけで、
必然的に大もて状態の彼(彼女)の周りには人だかりが‥。

知多半島側から訪れる日間賀島と比べると、
島の大きさもあってか立派な幹線道路や海水浴場、
休憩施設も整備されていてリゾート感たっぷり。
ただ、日間賀島の素朴な感じも離島らしくて好きなんだが。

夕暮れ前に島を離れ、一色界隈の海岸をひと巡り。
一色海浜公園の外周を廻って矢作古川河口までの堤防道路を
砕ける波や海鳥を眺めながら夕日と反対側へ歩く歩く。

河口に辿り着く頃には辺りはもう真っ暗。
堤防道路をハイピームで飛ばす軽トラにぶつけられないように、
こちらの存在感を強調しながら上流の橋を目指す。

到着した橋からさらに30分歩いて吉良吉田駅へ。
名古屋へ向かう上り列車はガラ空きなので居眠りし放題。
これが公共交通機関を利用する最大のメリットである。

2日間でビワイチ。全走行距離480㎞ 。

初日はいつものように下道から鈴鹿スカイラインを走って、
初秋の琵琶湖へ向かう。
まずお馴染み篠原の「savi no niwa」さんでいっぱい油を売って
素敵なカッブを手に入れ、

スライドショーには JavaScript が必要です。

今回初めて伺う野洲で創作家具・ヴィンテージ雑貨を扱う
「NOBODA store」さんへ。
「NOBODA store」さんは数年前「savi no niwa」さんの
インスタから見つけたお店で、
その個性的な雰囲気がずっと気になったままなかなか伺えずにいた場所だ。

お店のご主人が自ら施工を進めていらっしゃる
近接の新店舗(ご主人はアジトと呼んでいらっしゃった)も
見せていただいた。
そこは永遠の男子垂涎のリアル秘密基地であった。完成が楽しみ。

スライドショーには JavaScript が必要です。

初めて訪れたそのお店にはご夫婦の先客がいらっしゃった。

な、な、なんとご主人は我がクライアントのスポンサーさんで、
さらにそのご担当の方だとのことで驚愕至極。
仕事とは全く関係のない場面でピンポイントでお会いするとは、
こんなことが起きる確率はいかほどのものなのなのだろうか。

両方のお店てすっかり話し込んでしまったので、
すでに夕暮れが迫る湖岸道路を
制限時速内で飛ばして長浜の宿に滑り込んだ。

スライドショーには JavaScript が必要です。

2日目は朝から天候み恵まれ、湖岸道路を快調に北上。
湖北水鳥公園での立木と湖面のなす風景が
思いの外シャープで美しい。
以前、近くの湖北野鳥センターから
望遠鏡で眺めたぼんやりとした印象とは随分違って見えた。

さらに足を伸ばし奥びわ湖パークウェイで琵琶湖を眼下にし、
湖の北の端を回り込み、
桜で有名な海津大崎を抜けて湖西の鯖街道へ。
このあたりの道も整備が行き届いており、
かつ交通量も少なく走りやすい。
鯖街道・朽木エリアの 旧秀隣寺庭園(興聖寺)を拝観したのち、
奥比叡ドライブウェイ・比叡山ドライブウェイで
ミニチュアのような大津の街を眺め、
帰りは2日間のワインディング三昧の疲れを癒しつつ、
国道1号線と23号線をまっすぐまっすぐ淡々と走って帰宅。
ほぼビワイチ達成である!

http://www.savi-niwa.com
http://noboda-store.com/index.html

北勢線無人駅の魅力。

スライドショーには JavaScript が必要です。

真新しい三重県総合博物館から三重県立美術館での「テオ・ヤンセン展」。
近鉄津駅から桑名駅に戻り、三岐鉄道北勢線に乗り換え終点阿下喜駅へ。

前回はこの駅舎周りしか見られなかったが、
今回はそこから懐かしい建物が残る市街地へ向かうことに‥。
「旧阿下喜郵便局」「桐林館(旧阿下喜小学校)」等々。
この小学校のチャイムが鳴ったりしたら、
そこは即映画の舞台になってしまいそうなくらい魅力的だ。
阿下喜駅からひと駅戻り、以前、車窓から眺めていて
気になっていた景色を求めて無人駅の麻生田駅で下車。

ここから員弁川沿いの田園風景と北勢線の軌道に挟まれた小さな道を、
さらにひと駅戻るかたちで楚原駅まで歩いてみた。
2時間弱の道程だったが、その長さを忘れるくらい素敵な夕暮れを体験出来た。
この徒歩距離の長さから賛同者は少ないだろうが、とにかくお薦めである。

ただ街灯など全く期待できない場所故に、山の向こう側に日が落ちた後は、
知らず知らずのうちに若干の焦りが我が速足に表出していたのだった。

今回もたっぷり歩いた。
これでも三重県のほんの一部であり、とにかく私の好きなこの県は
東西南北にやたらに広く、全く違う顔をたくさん持っているのだ。

4年生8匹、2年1組15匹、2年2組13匹確認。

4年生が前回点呼から9匹も減ってしまった。
寿命が迫っているので致し方ないか。
温帯睡蓮も今年は植え替えをしていないせいか葉の出が悪く、
必然的に花も期待できそうもない。