好天に恵まれた世界遺産、五箇山・白川郷をバス移動で。

痛感する自然の厳しさ、それに対応する生活の柔軟さ。
世界遺産を守る厳しさ、生活の場に多数の観光客を受け入れる柔軟さ。
そんなライブな現場にお邪魔しているのだ、
という緊張感をこちらも持たなければいけないとつくづく思った次第。

 

『世界遺産 白川郷・五箇山フリーきっぷ』で富山、金沢、海王丸パークへ。

『世界遺産 白川郷・五箇山フリーきっぷ』の乗り放題区間をフル活用。
「ワイドビューひだ」「富山ライトレール」 「北陸新幹線 つるぎ」、
再び「北陸新幹線 つるぎ」「万葉線」 (「氷見線」は日没のため乗れず)
「加越能バス・世界遺産バス」「濃飛バス」、再び「ワイドビューひだ」。
氷見線にのみ乗れなかったので、雨晴(アマハラシ)海岸へは
行けずじまいだったが、十分に元は取れたと思う。

このチケットはあまり利用されていないのか、
バスに乗る時にチケットを見せても「?」となってしまうのは
何とかしてほしいものだ。

金沢城址から待望の鈴木大拙館、兼六園を抜けて、
金沢近代美術館は余りの混雑で遠目に見るだけでスルー。
富山高岡に戻り、万葉線で海王丸パークへ。
万葉線の案内放送を立川志の輔さんが担当されていて、
落語ファンの私にはもってこいの時間だった。

 

年間パスポートが切れる前に、徳川園と白鳥庭園。

スライドショーには JavaScript が必要です。

少し遠くなってしまった徳川園と、
まだ新春の賑わいが残る熱田神宮近くの白鳥庭園へ。

因みに、両施設の年間パスポート更新は見送った。

同じ犬山でも近そうで遠い、リトルワールドと明治村。

スライドショーには JavaScript が必要です。

年間パスポートの更新をしに両施設へ。

一度に済まそうと思い、この2ヶ所を徒歩で繋いでみた。

入鹿池に辿り着くまでが若干の試練。同じ系列なのだから、何らかの交通手段があっても良さそうなものだが‥。