家原利明氏の展覧会『家原美術館 2019』へ。

岐阜市の旧中島洋診療所で開催された家原利明氏の展覧会
『家原美術館 2019』へ。

“岐阜城”や“メデイアコスモス”を岐阜バスの中から眺めながら、
住宅街にある最寄りのバス停に到着。
会場はgoogle mapで確認していたので、
なんの苦もなくその建物へ。

が、会場らしき掲示が遠目には見当たらない。

ん? 外から二階の窓を見上げる。全部の窓が真っ赤!
このことだけでここが会場であることを確信できるのは、
『家原美術館』に何度も訪れている経験がなせる技だ。

我が意を得たり。

ニンマリしながら中へ‥。
そこには期待通りその空間の主の笑顔が。
毎回そこに現れる世界観に驚かされる。
ドローイングはもちろん、
その建物全体を作品と化してしまう力量
(実際に1・2階のトイレ以外の全ての部屋に
手が加えられていた)とともに。

既存の旧診療所の建物や院内表示及び数々の小物に至るまで、
それら全てが彼の世界に見事に取り込まれていた。
まるで彼のために事前に用意されていたかのように‥。

そんな展示環境に恵まれるのは、その経緯を伺ったところ、
どうやら家原氏のコミュニケーション能力の高さからのようだ。
それ故、鑑賞に訪れる人々も彼との対話を通して、
彼の作品の一部にされてしまっているのではないだろうかと
思えてしまうほどだ。

http://aoaocuq.blogspot.com
http://www.ieharatoshiaki.com/home.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です