「家原利明」タグアーカイブ

家原利明さんは持っている!

スライドショーには JavaScript が必要です。

知立市パティオ知鯉鮒での『Oh! 縁展』に
参加されている家原利明さんの作品とコレクション。

前回の展覧会で見逃してしまった作品や
初期の頃の作品を初めて拝見し、
その作風や使用画材の変遷について
家原さんから伺った諸々のお話が大変興味深かった。

また、会場でばったり岐阜の旧友と再会した。
名古屋の人間と岐阜の人間が知立で出会う、
偶然とはいえ非常に稀有なタイミング。
家原さんの引きの強さには驚かされる。
作品同様、彼は間違いなく不思議な力を持っている。

http://www.ieharatoshiaki.com/home.html

『家原利明 展覧会 2016 春』拝見しました。

スライドショーには JavaScript が必要です。

その人はギャラリー前の路上で爪を切っていた。
 
その人は絵描き家原利明。
本来なら異彩を放つはずのその容姿が
このギャラリーがある風景に馴染み見事に溶け込んでいた。
 
今回も会場に至る道程から彼の世界観が現れていた。
巨大ショッピングモールに車を止め、
そこからGoogleマップを頼りに歩く歩く。
 
事前に所在地をチェックしたところ
現地までのストリートビューが表示されない…。
徒歩でのルート検索をするとその行程に階段らしき場所や
車が通れないほど狭い橋が名鉄名古屋本線を渡っている。
お寺の境内を通っているような箇所もある。
怪しい、とっても怪しい。それがいかにも彼らしい場所。
 
路上で爪を切る作家さんに案内されたその空間には、
彼の世界観がいつものように爆発していたのでした。
会期は残り少なくなってしまったが、
是非この魅力的な人物と作品たちに会ってほしい。
 
『家原利明 展覧会 2016 春』
 
4月24日 (日)まで
11:00〜18:00(最終日は17:00まで)
 
場所:K.Art Studio
   457-0014
   名古屋市南区呼続2-4-5
 
 

『家原美術館 2015 岐阜』

スライドショーには JavaScript が必要です。

岐阜市八ツ梅町「アトリエ幻想工房」にて
『家原美術館 2015 岐阜』家原利明さんの展覧会拝見した。
 
会場に入った途端、会場の全面を覆い尽くす強烈な色彩に圧倒された。
「またやられた!」それが第一印象。
予備知識を入れずに伺ったのが正解だったようだ。
 
ただその極彩色に囲まれながらしばらくその場に佇み、
家原さんとお話ししていると不思議に落ち着いてくる。
部屋の全面を利用した作品は、色の波が一点に収束するようにできている。
そのことによって、全体がそこを出口とする胎内をイメージさせるので
その中にいるとなんとなく落ち着いてくるのかもしれない。
 
部屋の凹凸を絶妙に吸収して広がる波。
その大胆さと繊細さを作品の中に入って体感できる。
けっして交通の便の良い場所ではない(これも彼らしい)が、
長めに設定された会期の間にぜひ実物を観てもらいたい。
 
毎回彼の展覧会は会場全体を彼の世界に巻き込み、
そのエネルギーは会場の外まで影響を与えているように感じられる。
今思えば、駅から会場へ向かう柳ヶ瀬のアーケード街の不可思議な雰囲気もまた、
彼の仕掛けなのではないかとさえ思えてくる。