「東山動植物園」タグアーカイブ

ここのところ雨続きの東山動植物園。

スライドショーには JavaScript が必要です。

猛暑が去った園内はしっとりとしてた。

東山動植物園で新レンズの練習。

スライドショーには JavaScript が必要です。

ついにAF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR。

この禁断の超望遠レンズに手を出してしまって、
先日、日間賀島へ持っていったものの、
慣れないその取り回しと重量に悪戦苦闘。
それほど時間がなかったものの
少しでも慣れようとお馴染みのここへ。
動き回るニホンザルくんが一番のお目当てだ。

最愛のコンデジP900は動くものが苦手だが、
このレンズを付けた一眼レフは当然別物。
カメラの性能や手ブレ補正能力は十二分だが、
あとは私の筋力がついていけるように腕を鍛えるのみである。

レンズフード
場違いなところに場違いなシール!
カメラバッグ
バッグも新調。Lowepro フリップサイド 400AW2 にいっぱいいっぱい。

 

 

温室が天国、東山動植物園。

スライドショーには JavaScript が必要です。

夕刻からの用件までの時間調整に立ち寄るも、
徐々に日差しが弱まり反して風は強まり、
何度か温室に逃げ込むことになった。

東山動植物園で初めての“ナイトzoo”。

スライドショーには JavaScript が必要です。

金曜日の夕方から「ナイトZOO&GARDEN」へ。
動物はあまり見られなかったが、夕暮れ時の園内を見られるのは貴重。
ただ、この時期日が暮れてから8時30分の閉園時間まではあっという間。
もう少し時間があるといいかな。

昨日に続いての東山動植物園。

スライドショーには JavaScript が必要です。

閉園すれすれまで粘った昨日に続き、
行きそびれたコアラを押さえに(?)。

昨日にも増して多くの来園者で賑わっていた。
写真を撮っていてもなるべく子供たちの邪魔にならないように、
最大限の気を遣うことに必死だ。

週末なのでライブなどもあったりして人出は予想以上。
もうこれはシャバーニ効果だけではないかも。

リニューアル進む東山動植物園へ。

スライドショーには JavaScript が必要です。

快晴の週末。梅雨入り前の貴重な空気感を、
ものすごい近場でたっぷり堪能することに。

新しい施設が増え、懐かしい昭和の雰囲気はやや薄れてきたものの、
コンクリート製の恐竜(原寸大?)の像が復元されたり、
遊園地のスロープシューターが健在だったり、
我々の世代にはお馴染みのものが其処此処に残っているのは嬉しい。

それにしても17:00閉園はちょっと早いかなぁ。

桜から新緑へ、東山動植物園。

スライドショーには JavaScript が必要です。

サクラは葉桜、モミジは緑、
シャクナゲやチューリップは満開。
汗ばむくらいの天候に
家族連れも満開。
 

観客が増えてきた東山動植物園。

スライドショーには JavaScript が必要です。

まだまだ風が冷たいが、
着実に春は近づきつつあり、
親子連れの賑やかな歓声が増えてきた。
ただクシャミをしながら見上げる空は
春とPM2.5と花粉のお陰で白く霞んでいた。
 

真冬でも意外に元気な生き物たち。

スライドショーには JavaScript が必要です。

真冬、動植物園は空いている。
高温多湿な植物園の温室は天国だ。
入った途端にメガネもカメラも曇ってしまう。
 
そんな閑散とした園内とは裏腹に動物たちは逞しい。
夜行性なのに日向ぼっこしながら
呑気に昼寝するタヌキ君がいたりする。
 

東山初冬の宵、花嫁は決して寒くない。

スライドショーには JavaScript が必要です。

毎年恒例、東山植物園の紅葉ライトアップ。
賑わう人の波の始点には結婚式場がある。
 
音楽に合わせて上がる噴水を背景に記念撮影。
入れ替わり立ち替わり被写体に収まる参列者。
常にその中心で幸せそうな二人は
そこが初冬の屋外のテラスでも
決して寒そうには見えない。お幸せに‥。