「豊田市美術館」タグアーカイブ

夏の終わり? 三好稲荷閣大提灯まつりの花火。

スライドショーには JavaScript が必要です。

お盆中制作していた案件の締め切りを終え、
取り急ぎどこかへ出かけたくてとりあえず外へ‥。
豊田市美術館での奈良美智展への2回目の訪問と、
愛知池を間に挟んで夜は三好稲荷閣大提灯まつりへ。

保田ヶ池のほとりから打ちあがる花火は夏の終りを告げる。

一抹の寂しさが池の水面に広がるのを見届けた後、
例によって最寄りの駅まで歩いてみたが、
夜とはいえ蒸し暑さは健在。初秋の爽やかな風には程遠く、
やっぱりそこにはしっかりと夏が残っていた。

締め切り越えの反動とはいえ、
欲張りすぎたスケジュールのため、ヘトヘト。
蓄積した疲労に輪をかけてしまう結果に‥。

松平郷の紫陽花、静かな名所。

スライドショーには JavaScript が必要です。

ここ豊田市にある松平郷は紫陽花と花菖蒲の名所。
だが、大勢の人で賑わう他の名所よりかなり静か。
しっとりとした山里にしっとりとした紫陽花、
そのバランスを崩さないほどよい見物客。
見る者にとっては理想的だ。
 
対照的に週末の豊田市美術館は賑やかだった。
「デトロイト美術館展」
ピカソ・ゴッホ・ゴーギャン・モネ・
ルノワール・マティスなどなど…、混雑も頷ける。
撮影が許されている稀有な展覧会だったが、
平日のみのようで、週末は混雑のせいか撮影は不可。
年間パスポートを購入してきたので、
もう一度平日に訪れてみようか。
ちなみに、ピカソはSNS掲載不可だそうだ。
 

視覚を失うほど広がる美しい海。

IMG_4600

『ソフィ・カル ── 最後のとき/最初のとき』
 
「視野の果てまで(視覚を失うほど)広がる美しい海」
生まれつき盲目で、一度も海を見たことがない男性が
作者の質問「これまでに見た一番美しいものは何か」
に対して放った衝撃的な答えだったそうだ。
 
<盲目の人々><最後に見たもの><海を見る>
と、厳かで美しい墓標のような作品が続く。
 
今見ているものが最初の出会いであり、
かつそれが最後の機会である可能性もある。
また、一人の人間が一生のうちで
一度も見ないままで終わる対象はどれほどあるのか。
 
入口でいただけるこのガイドブックに
これほど重みを感じる展覧会は少ない。
大切なもの、大切な人をしっかりと見つめなおして
心に刻んでおきたくなるはず、きっと。
 
豊田市美術館にて12月6日まで、ぜひ。
 

雨上がりの豊田市美術館。

スライドショーには JavaScript が必要です。

平日、朝一、雨上がり、最高の贅沢。
 
はじめて名鉄豊田線を利用してみた。
慣れた駐車場とは反対側の入り口。
そこは裏口の風情を漂わせ、日陰にひっそりと。
 
建物には入らず、そのまま遊歩道へ。
見慣れているはずの風景が不思議に違って見える。
 
『ソフィ・カル ── 最後のとき/最初のとき』
作品も天候・気持・環境にぴったり。これまた贅沢。